SOLEIL Special Kids!

ソレイユ「最新情報」PC版サイトでの閲覧お薦めです

決勝~与えられた宿題~

~JA 東京カップ 第24回 東京都5年生サッカー大会・東京第6ブロック予選~ (決勝トーナメント)
・9月30日(日) 高島平少年サッカー場
決勝戦
vs三菱養和巣鴨 ●1-2 [準優勝]

9月9日から開催された「5年JA」(SOLEILは15日が初戦)
6ブロック内の60チームが熱戦を繰り広げてきた。

残されたチームは決勝進出の2チームのみ…
しかも「決勝トーナメント」では無失点の両雄がピッチに並び立った。

SOLEILは強豪を撃破し「中央大会が決定」していた。
対戦相手はおそらく「SOLEILで良かった」「負ける訳がない」という心境か?

いずれにしても、後は「出し切るのみ」という決意で臨んだ。

前半から相手の個人技がSOLEILに襲いかかるが、ここまで様々な状況を打開してきた
選手達は、決して慌てる事無く凌ぎ味方に繋ぐという意識…
しかし、中々2本、3本とは繋がらない(繋がせてもらえない)のが、相手の上手さだった。

膠着状態の中、相手は虚を付くロングシュートを蹴ってきた(逆サイドへの強烈なシュート)が
守護神ショウゴが弾く… しかしポストをかすめ、ライン上のボールは、無常にもショウゴが
必死に伸ばした手とは逆に、ゴールラインを割ってしまった。(前半0-1)

月並みだが、この失点は「切り替える」事が重要だった。
崩された訳でも無く、個人技でやられた訳でも無いからだ。むしろ相手に「のらせない」事と
気持ちで引かない事のほうが、重要だった。  その後は立て直し、一進一退のまま前半を折り返す。

ハーフタイムでは、SOLEIL得意のパスサッカーと守備陣の守備からの攻撃参加を意識させた。
そして「何よりも終わった時に後悔しない様に、仲間を信じて全てを出し尽くそう」と。。。

後半は突破力のあるユウガを投入。そして常に起点となり、相手のハードマークにも負けない「エース・ミライ」
をくさびとして、サイドから揺さぶりを掛けた。
しかし「一瞬の気の緩み」相手CKをキャッチ出来ず、まさかの2点目を献上してしまった。(0-2)

だがサイドからの揺さぶりは、確かに相手が嫌がっている。相手の単純なクリアーが多くなっているのだ。

何とかミライに敵を引き付けられれば、崩せるはずだ。諦めず必死に守り繋ぐ、守護神ショウゴとDF陣…
中盤でチームボールにするトモキ。  その瞬間がきた!!!
ミライに相手選手が枚数を掛けた時、左に1対1に持ち込んだ(1対1に強い)リョウスケは、しっかりと相手
をかわし、得意の左足を振りぬいた。逆サイドネットに突き刺さるスーパーゴール!!! (1-2) 

会場のボルテージは最高潮だった。 しかしまだ負けている。
余程嬉しかったんだろう。(良く分かります) ベンチから「まだだ、ポールを取って来い」という叫びは
歓喜にかき消され、選手は輪になってコブシを握っていた。

その後は当然ペースを握り、相手ゴールに襲いかかるが「試合終了」のホイッスル。。。

準優勝という結果に終わったが、放ったシュートは両チーム10本ずつという内容で、本当に良く頑張った。

試合毎に逞しく成長し、リーダーの叱咤にもしっかりと強く受け止め「次への切符」を掴み取った選手諸君に
心から拍手を送りたい。
「おめでとう! 5年SOLEIL FC Jr」

また6年生をはじめとする「SOLEIL」のみんな、そして何より最後まで「温かいご声援、フェアな応援」をして
頂いたご父兄の皆さま、感謝申し上げます。「有難う御座いました。」

リーダー

[追記] 次のステージでは、全ての試合が準決勝や決勝で戦った様な内容と、強い相手である。
    個々の頑張りは素晴らしかったが、やはりそのレベルでも「SOLEILの全員サッカー」を
    やり切らなければ、決して勝たせてはもらえない。「準」が付いたのは「中央大会」で戦う
    君達への「宿題である」とポジティブに捉えて「良い準備」をしようではないか。



5年JA 2

5年JA 1
  1. 2012/09/30(日) 22:12:43|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

準決勝~計算されたゴール~

~JA 東京カップ 第24回 東京都5年生サッカー大会・東京第6ブロック予選~ (決勝トーナメント)
・9月30日(日) 高島平少年サッカー場 vs城北アスカ 10:00キックオフ 

準決勝
vs城北アスカ  ○ 1-0
台風17号が接近する中、正に今大会「台風の目」になったSOLEIL FC Jrが、どの様な結末
を演じてくれるのか? 会場の雰囲気もポジティブに感じられた。
また、過去の大会でこの地まで勝ち上がり「中央大会出場」を逃した事は無いという史実もあった。
1試合目は王者・三菱養和巣鴨が順当に勝ち上がり、2試合目の両チームがピッチでアップを開始。

私自身も久しぶりの「6ブロ聖地・高島平少年サッカー場」だったので、アップをコーチに任せて
ピッチ状態を確認しながら、Gを一周した。。。
フッと、ある事を思い出した。「そうだ、観覧サイドはピッチに非常に近いという事」(狭い)
そこで、アップ中のミライとリョウスケを呼び、慎重にCK時の秘策を伝えた。
「ショートコーナーからのプルバック、カットインからのシュート」ぶっつけ本番の作戦だった。

試合開始から相手チームの圧力がかかり、攻め込まれる場面が多く「相手CK」が続いたが、守備の
共通意識を何度も練習していた為、無難に対応してくれた。
相手の攻撃をしのぎ、ソレイユのカウンターに相手も堪らずCKにクリアー。

その時がやってきた。2人には「奇策だから一発に集中しなさい。」と言ったものの、そう上手くは行かない。
しかし、この舞台の中で冷静な2人は「完璧」にやってのけたのだ。
歓喜のゴ~ル!! (なんて奴らだ) リーダーのつぶやき…

その後も攻防は続くが、今月2日の「6年の大会」で相手の1学年上を抑えていた自信からか、しっかり守り、
攻撃に転ずる事が最後まで、出来ていた。
素晴らしい勝利でした。

「中央大会出場権獲得!!」

しかし、頂点では無い。あと1つ… 大きな大きな「あと1つ…」

リーダー


決勝
vs三菱養和巣鴨 12:45キックオフ
  1. 2012/09/30(日) 01:17:38|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

SOLEIL秋合宿

「2012・SOLEIL秋合宿」のお知らせを各ご家庭のPCに、メール送信致しました。
対象は小6~年長までとなっております。
定員になりましたら締切と致しますので、お早めにお返事願います。
宜しくお願い致します。

SOLEIL事務局
  1. 2012/09/30(日) 01:08:36|
  2. ① Topics

激闘「5年JA」

~JA 東京カップ 第24回 東京都5年生サッカー大会・東京第6ブロック予選~ (決勝トーナメント)
・9月17日(祝・月) 板橋荒川河川敷G
vs 向原シャークス ○4―0
準々決勝
vs高島平SC ○7-0

ベスト4進出!!

万全の状態でリーグ戦を突破し、トーナメントに駒を進めた。
ここからの戦いでは、メンタルや戦術(状況を判断した)が大切になってくるが、
このチームの場合は「相手」より、「自分達のPlay」が出来るか? という点が
非常に大きい。
最初の戦いでは、前半0点で折り返したが「あとはフィニッシュ」という所で詰めが甘かった。
1点取れれば、一気に崩せると思って居た様だが、その1点を気負ってはならない。
いかに取るか?
良い意味で、余裕を持ち「しっかり全体を見る」そして逆サイドの有効利用を伝えた。
開始早々、左サイドで繋ぎ「中をしっかり見て上げた」センタリングはふわりとした放物線を
描き逆サイドへ。しっかりと溜めを作って待つレイはボレーシュートで先制。
ここからは、しっかり「ハメて」追加点。。。準々決勝へと駆け上がった。

準々決勝は前線からの「ハイプレス」主導権をつかむ事に集中させた。
相手を見るより、SOLEILの圧力を見せる手法で行く事が、相手のミスを誘うからだ。
ここまで上がってくると、ミスは命取りになるし、GAME自体を左右し兼ねない。

立ち上がりのハイプレスで、ミスを誘い1点を奪った。しかも豪快なヘディングシュートを叩き込めた
のは「相手にとって大きなダメージ」になった。

かつプレスを掛け続け、3点取れたのも大きかった。
あとは相手に反撃のチャンスを与えない様に、緩急を使ったパス廻しでSOLEILの得意なパターン
に持ち込んでいく。
もちろん簡単に出来る事では無いが、今のこのチームには可能な戦術であった。

ベスト4…  まだ、何も手に入れた訳では無い。。。

強豪の3チームから、勝利を奪わなければ「中央大会」への切符は勝ち取れないのだ。

準決勝は城北アスカ。 4年生大会でやられた相手だ。 胸を張って挑もう!
そして、頂点を目指すのみ。。。

リーダー

・9月30日(日) 高島平少年サッカー場 vs城北アスカ 10:00キックオフ 


  1. 2012/09/17(月) 16:09:59|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

ベスト8

5年JA
vs 向原シャークス ○4―0

ベスト8進出。

準々決勝
vs 高島平SC

リーダー
  1. 2012/09/17(月) 12:24:48|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

ここまでの道程

5年JA
~JA 東京カップ 第24回 東京都5年生サッカー大会・東京第6ブロック予選~ (リーグ戦~24チーム・トーナメント)
・9月 15日(土)     板橋荒川河川敷G リーグ戦
vs桜川SC   ○1-0
vsプログレットFC   ○14-0
vsリオFC   ○2-1    
※勝点9・得点17・失点1・得失差+16 グループ1位通過(全14グループ中、2位通過。自動シード権獲得)
決勝トーナメント進出!!

・夏の強化試合、6年生の雪辱、4年生のプレッシャー(中央大会出場)、渡米した友との約束…
様々な想いを胸に、ここまでたどり着いた。

5年生のメンバーは「最高のメンバー」と言われつつも、リーダーは決して「最強」ではないと
伝え続けた。
なぜなら、4年生年代まで勝ちが多く(劣勢の経験が少ない)挫折感を体験していなかった点、またその時に
チームを引っ張る「強いメンタリティー」を持つ選手が中々育たない点だった。

1試合目から優勢に展開するも、一抹の不安がよぎる… 何がそう思わせるのか?
GAME采配をしながら、その何かを探し続けた。

「ポテンシャル」 そう、この子達は負ける怖さを知ってから「こうしよう、こう成る」から
「こうなったらマズイ、上手く行かないかも」という自身も気付かない程の、僅かな消極的要素が
微妙にPlayに表れていたのだ。
そこで私は1試合目終了後に、話して説くよりも「敢えて厳しく突き放す手段」を選択した。
「ここまでの道程」を力強く歩んできたのは君達であり、その努力は、大会の緊張感位で揺らぐ事
など決して無いという「自信と克己」の覚醒を信じたからです。
この年代では、必ず1試合毎に学習する事が出来るし、戦いながら成長していけるのだから…

2試合目はリラックスした展開で「自信を確認」し、3試合目が始まる頃には「監督」は存在のみ(笑)
自主的に行動し、自分達で臨戦態勢を整えた。正に戦いながら「成長」してくれたのです。

ここからは一戦必勝のトーナメント、監督のプラン通りの「組み」に入った。
「最高のメンバー」から「最強のチーム」になるお膳立ては整った。
先を見据えて、一歩ずつ歩もう。。。  「新たな道」を築こうではないか!!

リーダー

・9月17日(祝・月) 板橋荒川河川敷G   9:40集合  10:45キックオフ


  1. 2012/09/16(日) 02:04:20|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

全力という感謝

今日の練習ではABコースの選手達に協力してもらい「5年JAカップ」に向けた
GAMEを行いました。

対戦相手はもちろん「6年生です。」
さわやか杯で協力してくれた5年生達に対して、大きな壁となって受け止め
全力でPlayしてくれました。
(一部の6年生は日中6ブロックトレセンの選考会でグッタリでしたが…)
それでも、5年生の為に全力でやってやろうぜ! という一心で駆けつけてくれました。

そう、ひとつの大会の結果は「終わり」なんかでは決して無いのです。
SOLEILという「太陽とメダル、三本柱」を刻む選手達は、とても素晴らしい事を
体験し、人間形成に於けるかけがえの無い学習をして「成長」し続けているのです。

大きな期待を「力」にして、奮起する時が来たぞ!!
「5年SOLEIL FC Jr」やってやろうぜ!!

リーダー 
  1. 2012/09/10(月) 00:53:36|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

先を見据えて…

9月9日(日)
文京区低学年「フットサル大会」

久しぶりにCDコースの試合を見ました。
日頃、高学年、トップチーム、中学生を指導しているので
期待と不安を感じる「内容」だったというのがリーダーの本音です。

とても元気に楽しそうに行っていた事は、絶対的に良かった所です。
好きじゃないと上達はしないですからね。

しかし不安な点は「この時期に習得しておく技術」「しなければならない取り組み」
の部分が、やや、おざなり…

遅くまで指導員で話し合い、再確認したので「今後の練習」で補っていきましょう。
頑張れ、SOLEILっ子達!!

リーダー
  1. 2012/09/10(月) 00:29:09|
  2. ⑦ スクール対象 (区民大会情報等)

がんばれ~!!

9月9日(日)
文京区低学年「フットサル大会」

今年は雨の影響で、中々試合が出来ませんでしたが、
やっと大会が開催されました。

SFC目白のメンバーは日頃、週1回の練習しかしていなく「夏休み明け」でちょっと心配でしたが
良く頑張っていました。
少し差があったのは「自信」という部分だと思います。

「相手が強そう~」とか「また、点を取られちゃった」という所から
消極的な場面が見られました。 う~ん残念!

それでも得点をした後は勢いが出たり、惜しい場面もいっぱいあったので、
自信をもって「頑張りましょう」

試合後に「家でどんな練習をしたらいいですか?」と尋ねて下さったお父さんもいて
とても熱心な愛情に感動しました。今後に期待です。

リーダー

  1. 2012/09/10(月) 00:16:44|
  2. ⑧ SFC目白予定 (幼児フットサル)

「次へ」の終幕

さわやか杯
さわやか杯・結果[6年生は写真の前列のみ]
vs 城北アスカ 0-1 ●

昨年と同じく、この地で6年生の挑戦は幕を閉じた…

展開は終始劣勢、だが、ここに辿り着くまでに力を結集し、
共に切磋琢磨してきた6年生は終了のホイッスルが鳴るまで
誰一人として、諦めてはいなかった。
いや、終了の瞬間まで「必ずやってくれる」とさえ思える気迫があった。

点を入れられた直後の相手GKを越えるアキのシュート、ファール判定「レツタ、幻のゴール」
何度も相手のシュートを弾き返すリキの気力。最後まで全力で走り切ったメグ。
チームの勝利を信じて身体を張り続けたヨウ。
「俺が獲る」というマサト(C)の想い。  全てが気迫のPlayだった。

何より素晴らしかったのはハーフタイムに告げた「秘策」を選手一丸となってやり切った事だ。
それは、5年生全員で守り、6年生が必ず追いつくからという、本来のポジションを大幅に変更
した「約束」だった。15分という限られた時間ではメンタルが勝負となる。
6年生の為に頑張りたいという5年生の気持ち…
最後の勝敗は、6年が決めるという覚悟…

サッカーが大好きな子供達に突き付けられた「現実」は非情にさえ感じるが、
悔しくて悔しくて止まらない「涙」は純粋に美しいものだった。

次の年代へ思いを託し、静かに現実を受け止める選手達。
そこには文字通り「さわやか」な風が吹いていた。

有難う。4.5年生達。
顔をあげて、胸を張れ! 「本当に本当に最後まで、感動を有難う」6年生諸君!!

リーダー

  1. 2012/09/02(日) 22:36:29|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

ベスト16

さわやか杯

vs 九曜FC 1-0 ○
決勝トーナメントは雷雨により、時間がを押して
開始。
グラウンドは泥沼状態で、どの試合も得点が入りにくく、
PK 戦が多い中、ソレイユは終始ペースを握った戦いが出来た。
次は強豪、城北アスカ。

ここまで来たら、メンタル勝負になる。

リーダー
  1. 2012/09/02(日) 13:53:51|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

U-12 Sリーグ・U-10 Cリーグ

平成24年8月5日(日)
U-12 Sリーグ・U-10 Cリーグ
・小石川運動場

U-12
vsブリッジョ(オープン戦) ○ 6-3
vs湯島(オープン戦) ○ 4-1

U-10
vsラスカル ○ 3-0
vsラスカル ○ 1-0
vsブリッジョ ○5-0 


・5.6年は明日の「さわやか杯」を想定して戦いに臨みました。
 受験等により6年生の人数が少ないのは「痛い」が、リーダーは
 明日の秘策は十分考えています。選手はチームを信じて頑張りましょう。
 
・4年生はこの夏、全勝(1分け)でしたね。
 エース不在の中、中々出来る事ではありません。
 チーム力が安定している証拠です。この調子でレベルUPしていきましょう。

リーダー

  1. 2012/09/01(土) 23:28:42|
  2. ⑦ スクール対象 (区民大会情報等)

さわやか杯・日程

~第35回さわやか杯 東京都6年生サッカー大会・東京第6ブロック予選~
決勝トーナメント
H24年9月2日(日)
北運動場 9:45集合

vs九曜FC 11:00キックオフ
勝つと…
vs城北アスカ 13:40キックオフ




  1. 2012/09/01(土) 23:14:46|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

プロフィール

ソレイユ・リーダー

Author:ソレイユ・リーダー
SOLEIL「最新情報」をチェック!!

カテゴリ

① Topics (53)
② 緊急連絡(当日のみ) (0)
③ 小学生の予定 (0)
④ 中学生の予定 (1)
⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出) (192)
⑥ SOLEIL FC (Jr youth) (228)
⑦ スクール対象 (区民大会情報等) (99)
⑧ SFC目白予定 (幼児フットサル) (2)
⑨ 合宿情報 (様子や行程) (467)
⑩ SOLEIL ALL (挨拶・お知らせ) (25)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR