SOLEIL Special Kids!

ソレイユ「最新情報」PC版サイトでの閲覧お薦めです

U-13CY選手権

vsFC渋谷
2013年9月29日(日)
U-13CY選手権 vsFC渋谷 1-1 (上智大学G)

U-13クラブユース 第2戦。

相手はグループの中でも強豪のFC渋谷。
一人一人がボールコントロールがしっかりしていて、全体がポールに絡んで攻めて来る形かハッキリしていた。
1対1では切り返しで簡単に振り切られてしまう場面もあった。オフボールの動きも良くなく、逆サイドの選手のカバーリングが遅れてしまい中央のスペースを突かれてしまう。
セカンドボールを拾うことができてもパスの精度が悪くほとんど繋ぐこともできない。前半はほとんど、攻め込むことが出来なかった。

1対1の勝負を無理に続ける必要は無い。要はどこで取るか? その為には常に数的優位を作る意識、カバーの距離の調整を心掛けて、相手に簡単にやらせない工夫が必要なのです。
おのずとポール保持の時間も増えて、余裕が出てくればポールも回る様になるし、攻撃のバリエーションも増えてきます。ポールの収め所が良くない選手もいたが、適当にパスをして苦も無く相手に渡してしまうよりは次に繋がるという事もある。まだまだ育成段階といえる選手達にはファーストタッチや正確なキック、ドリブル、適切な判断を重要視して欲しい。

後半はパスカット、1対1の場面で奪いきる回数が増え高い位置でのプレーが増えた。
コースの限定がはっきりできているときは相手に簡単にプレーさていなかったし、奪った後のパスが正確であれば中盤の選手が上手く収めてバイタルエリアで勝負できる状態まで持っていくことが出来る。
あとはフィニッシュまでのイメージを全体が共有できるかが課題だと思う。
ラスト1分、攻め込んでいる中でルーズボールをミライが振り抜き土壇場で同点に追いつき1-1で試合終了。
全体の共有とは行かないまでも、良い得点だったしミライが安定していた分、全体にも波及していたので、相乗効果が出ていた。

後半は良く戦えていたが、個人のスキルと全体の意識は相手に学ぶものが多かったし、公式戦の中で、とても良い経験になった。ボールを収める技術、ボールを繋ぐ技術等々、まだまだ足りないし、チーム内の個人差もかなりある。基本的な部分をもっと徹底していきたい。

マセコーチ(リーダー加筆)

  1. 2013/09/29(日) 17:44:08|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

いざ決勝リーグへ!

平成25年9月28日(土)
中目黒公園G
2次リーグ(K組)
vs 新宿FC 9-0

2次リーグの最終戦。前回から他大会の関係上だいぶ期間が空いたが、勝たなければ決勝リーグには進めない重要な1戦。
14分(7分ハーフ)しかないので開始から厳しくプレスをかけ常に先手を取り、積極的にゴールを狙う意識を持たせ試合に臨む。また、試合前にリーダーから「自信を持つ」「仲間の力を信じる」「冷静な判断とトライする勇気」等の話があり、モチベーションも上々だった。

開始直後、ボールカットから持ち込み先制点を奪うことができた。そこからはリラックスした状態でのプレーができていたと思う。今日は一人一人のプレーがうまくかみ合った。単調な攻撃も何度かあったが2人で連動という意識が高く、相手の良さを封じ込めていたと思う。相手ゴール前でも「翻弄する」理想的のプレーも何本か見られた。前半のうちにほぼ勝負を決めることができた事、後半もどの選手が出ても同じ質のプレーができていた事が一番の収穫と言えるだろう。後半もほぼワンサイドで試合を進めることができ結果9-0での勝利。
そして決勝リーグ進出が決定した。
点差こそ開いたが、これまでの試合の中でメンタル、スキル、チームでやりたい事が一番かみ合った良い内容だったと思う。

さぁ、いよいよ決勝リーグ。4チーム中3チームのみが都大会へ進出する。3試合ともタイトな内容になるだろうし、強豪ばかりではあるが「全日本、さわやかの悔しさを胸に」都大会へ絶対に勝ち進みたいと思う。

マセコーチ
  1. 2013/09/29(日) 02:00:19|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

U-14CY選手権

2013年9月23日(祝・月)
U-14CY選手権 vsFC東京ウエスト 0-2 (相原中央グラウンド)

開始から自陣でのプレーが多い。
サイドでのDFで相手が短いワンツーを使いボールを動かすのに対してマークを突き切れておらずサイドを突破されてしまい、DFのセンター線が出されてしまいバランスが悪くなってしまう。
中盤も間延びしてしまう状態で中央のスペースを使われてしまいシュートを簡単に打たせてしまうことも多かった。
何とか凌ぎながらカウンターで時間をかけずにゴールまで攻めようとするがラストの精度がどうしても悪い。
ボールを回そうとするもコントロールミス、ボールを持ちすぎてカットが目立ち落ち着かせることができない。

後半は変化に期待し、前線にプレースタイルの違うヨウ、ナオキを入れ速い攻撃を狙っていく。
前線からのプレスは速くなり簡単には蹴らせることはさせなかったがセカンドボールの対応が遅れ、しっかりと収める事が出来なかったのが悔やまれる。
自陣でのプレーが増えていく中で18分、クロスボールに合わせられ失点。
その後はチャンスをほとんど作ることができず終了間際に失点し0-2で試合終了。

もっとミスを少なく、味方を使うことを意識していればよりチャンスを多く作れただろう。
また勝っていれば3次リーグ進出のチャンスが見えてきたので落としたくない試合だった…

そして、U-14の公式戦であれば「テスト前」とはいえ日頃から何度も言って居る様に、自身で調整して「ベストメンバー」で臨まなければ、夏の努力も報われない…
選手自身が一番分かっていると思うし、後悔の仕方にも納得出来ないものもあると思うが…

次の公式戦までは、ここから約1か月期間があるので修正をして次の試合に臨みたい。また、選手全員が共通意識を持ち試合に臨んでほしい。

マセコーチ
  1. 2013/09/29(日) 01:58:56|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

U-14CY選手権

vs両国
2013年9月22日(日)
U-14CY選手権 vsFC両国 3-0 (調布西町グラウンド)

GKが不在の中で良く戦ってくれたと思う。
相手がロングボールを多用してきてくるのはわかっていたのでスイーパーを1枚置き、DFはシンプルにプレーすることを意識させる。
前後半ともに危ない場面はあったが無失点で抑えたことは大きかった。
OFでは相手のラインが戻らないうちに速いカウンターがうまくいき先制することができた。
その後もゲンキ、アキが起点になりペナルティ付近で勝負するプレーを何度も作ってくれた。もっと決定機を決めきれていれば楽な展開になっていたと思う。

あとはシンプルにクリアするのは良いが相手のプレスがない場合にはもっとボールを動かすことができたと思う。オフボールの選手も判断して指示を出しながらパスを受けられるポジションをとれるはず。もっとオフボールの動きを意識していかなければ蹴り合いになってしまうだけであるので次の試合も意識させていければと思う。

マセコーチ
  1. 2013/09/29(日) 01:35:40|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

さわやか杯・決勝トーナメント

さわやか杯・決勝トーナメント
平成25年9月22日(日)
渋谷西原スポーツセンターG
決勝トーナメント
1回戦 vs WASEDA FC 2-1
2回線 vs ヴィトーリア目黒 0-4

6年生さわやか杯決勝トーナメント
1回戦の相手はFC WASEDA、ソレイユのペースで試合が進み、相手陣内でのプレイが多かったが前半終了間際にカウンターで裏に抜け出され失点。
ここから今日は選手の勢いは増し、攻勢を仕掛けるがゴール前での選手同士の連動があまりない。シンプルにワンツーで相手をかわしたり相手の動きを見ての判断等があまり出来ていなく2点返し逆転勝利する事は出来たが、勢いで逆転できたという感じ。何とか2回戦に進む事が出来た。

2回戦はフットサルでも対戦しているヴィトーリア。全日本でブロック優勝しているだけあって一人一人がしっかりとしているが、ソレイユも序盤から相手にプレッシャーをかけて対等に戦えていた。しかし、放り込まれたボールを合わせられて失点した所から少しずつリズムが悪くなってくる。1失点後は気持ちは切れていなかったが、どちらがプレイするのか、だれが当たりに行くのかなどの判断が遅れ始め、2失点後は完全にちぐはぐな状態となってしまっていた。個人個人でのON THE BALLの時にはしっかりと戦えていたので悔やまれる。

6年生は残るは全日本フットサル。最近練習参加がむずかしくなって来ている選手が多いが、悔いの残らないよう練習に参加して小学生年代を良い形で終われるようにしてほしい。

中澤コーチ
  1. 2013/09/27(金) 01:54:25|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

U-13CY選手権

中1公式戦
2013年9月14日(土)
U-13CY選手権 vs練馬FC 1-1 (ニイジュクみらいG)

U-13クラブユース 初戦。
立ち上がりから全体が動けていた。課題となっている開始5分でのプレーもDF陣が明確にできていたので相手陣内でのプレーもある程度効果的だった。(特に開始10分は有利に試合を運ぶことができていたと思う)
攻撃時は2列目にボールを当て動き出すイメージができていたので惜しいシーンが何度もあった。
形を崩さないでいければ早い時間帯で得点をすることはできたかもしれないが、少しずつボランチの動きとポジションがズレてしまい中盤のラインが下がってきたので、徐々に高い位置でボールを奪えなくなったのが悔やまれる。
奪えても、当然トップとの距離があり単独でのカウンターになってしまい、2回3回と連動して攻撃ができない。
ただその中でも、中央を崩し、前半終了前に先制をすることができたのは大きかった。
残り5分も0点に抑え後半に。

開始直後ののプレスとボランチのポジションを意識させ後半へ臨む。
後半は球際での奪い合いはできているがパスやセカンドボールの対応が良くなく、中盤で相手に拾われる回数が多くなってしまった。
しっかりと繋げる時は前線の3人と両サイドでゴール前まで持ちこめてはいるが決定機を決めきれなかった(後半だけでもあと2点は行けたと思う。)
決めきれずにいると19分、カウンターからクリアミスもあり失点。

ここからの連続失点は絶対にしてはならないので、うまく切り替えて、以降失点しなかったのは成長しているところだと思う。
残り時間でヨウのヘディングやイクミの1対1などもあったが防がれてしまい手痛いドロー。(1-1)

DF時のポジショニング理解力、OFの決定力があればものにできた試合であるだけに残念。ただ力はついてきていると感じるプレーも多く見られたので次の試合に繋げていければと思う。

マセコーチ

  1. 2013/09/27(金) 01:51:07|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

U-14CY選手権

2013年9月8日(日)
U-14CY選手権 vs目黒FC 2-5 (明治学院鵜の木G)


U-14初戦。

序盤から普段できているプレーができない状態が続く。プレーというよりは選手間で何がしたいのかを全く伝えていないのでちょっとしたミスの連続で相手のペースになってしまう。
失点も中途半端なクリアからカウンターを受け奪われてしまうし注意しなければいけない開始5分の間にとられてしまった。
攻撃に関してはパスミスが非常に多い。またパスの受け手の動きが少ないのでパスコースを自分たちで少なくしてしまっている。出し手のボールコントロールも大切だがオフボール時にさぼりがちになってしまうので意識してコースを作る動きを素早くしてもらいたい(特にボランチ、今日は極端にボールを受ける回数が少なかったので組み立てもできなかった)。

DFに関してはFWのプレスを無駄にしていることが多い。FWは奪うよりも次の選手にどこに来るか予測させるようにコースの限定をしながらプレスをかける。できてはいるが中盤の選手がタイミングが悪い。予測はしていても、タイミングが遅れてパスを出せれてから動く。ある程度相手にプレッシャーがかかるようにあと一歩早くプレスしていければよかったと思う。(後半のラスト10分位からのプレスが常にできれば良かったと思う。)
プレスのかけ方をチームとして理解していかなければ今後勝ちきることは難しくなると感じた。

マセコーチ
  1. 2013/09/27(金) 01:49:11|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

さわやか杯・7B予選

平成25年9月7日(土)
新宿戸山公園G
vs SKFC 1-1
vs 新宿内藤 0-2
※決勝トーナメント進出

6年生さわやか杯
相変わらず公式戦初戦に力が出し切れない。
気持ちの弱さが最初から出てしまった。キックオフと同時に後ろに下げる所から始まり、全体的な動きも鈍い、声もしっかり掛け合わない、OF時にDFは相手選手の方が多いのに放置。これでは戦う以前の問題。案の定カウンターから失点してしまい、ハーフタイムにリーダーの檄が飛んで少し動き出した感じ。
動きは少し変わったが声は相変わらずの為、勝てる試合も勝てず得点は1点に終わり(良くわからないジャッジもあったが)同点で終えてしまう。

休憩の間にリーダーに突き放され、選手達でも話し合いもし、2試合目でようやく全体が戦う気持ちになったが、2試合目からのスタートでは遅い。
内容としては相手も強豪であった為、球際の部分でしっかりと勝ちきれていなく、ソレイユボールになってもつつかれたり、跳ね返されてしまったりという部分が多かった。失点に関しては不運な失点だったが、全体的に押し込まれてしまう所が多かった。自陣ではどういうプレーをするのか、どこでプレイをした方が良いのか、あらためて考えられると良かった。
勝ち星なしでギリギリ予選は通過できたが、選手たちがもっと強い気持ちで戦いに臨んでいけないとこの先は厳しい。
6年生最後の公式戦。納得のいく形でやりきれるようにさせたい。

中澤コーチ
  1. 2013/09/27(金) 01:46:25|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

3年生に感謝

3年ラスト
2013年9月1日(日)
Tリーグ vsバリオーレ日の出(ニイジュクみらいG)

U-15Tリーグ最終戦。

3年生のラストの公式戦。
昨日の敗戦で特定の時間帯で失点をしてしまうことが多く、試合を組うみ立てることができなかった。
今回の試合で立ち上がり、飲水後、前後半試合終了前での失点をなくすことを意識し試合に臨む。

DFに関しては連戦もあり動きが重い。1対1の場面で寄せが甘くサイドは良く突破されてしまう。失点の場面もバイタルエリアにボールを出されたのにも関わらず対応が遅れシュートブロックにも行けず簡単にシュートを打たせてしまった。
立て続けに失点されなかったがGKのファンブルから2失点目。課題としていた時間帯での失点はなかったがとられ方が悪かった。

OFはカウンターを意識しながらのプレー。
シュン、ゲンキの2列目からの抜け出しからチャンスは作るが決定機をものにできず前半は失点してからの1点のみ。
後半は15分過ぎまではどちらも得点を奪えずにいたが飲水後、勝負に出るためシュンをFWに。再開直後抜け出したボールに反応し同点。さらに終了間際にスペースに走りこんできたユウヤが決め逆転。
いつもであれば失点してしまう時間帯に得点を奪うことができたのは非常に良かった。

最終戦で久々の勝利となった。
これで3年生は公式戦は終了となり2年生が中心となってまた大会が始まる。
今大会の経験を活かし自分たちの年代で活躍できるようにしていければと思う。

マセコーチ
  1. 2013/09/27(金) 01:34:11|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

プロフィール

ソレイユ・リーダー

Author:ソレイユ・リーダー
SOLEIL「最新情報」をチェック!!

カテゴリ

① Topics (50)
② 緊急連絡(当日のみ) (0)
③ 小学生の予定 (0)
④ 中学生の予定 (1)
⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出) (177)
⑥ SOLEIL FC (Jr youth) (200)
⑦ スクール対象 (区民大会情報等) (93)
⑧ SFC目白予定 (幼児フットサル) (2)
⑨ 合宿情報 (様子や行程) (403)
⑩ SOLEIL ALL (挨拶・お知らせ) (25)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR