SOLEIL Special Kids!

ソレイユ「最新情報」PC版サイトでの閲覧お薦めです

文京区リーグ

文京区リーグ3年生
[2013年文京区リーグ・3年生] 優 勝

2013年10月19日(土)
文京区リーグ(U-9・11) 小石川運動場

[3年生]
vsドランチ 2-0
vsブリッジョ 3-3

3年生の参加人数が少ない為、2年生も助っ人として参加。
初戦は2年生の選手達が思い切りの良いプレーを見せてくれた。3年生は久しぶりの試合の為か出足が遅い。まずは戦う事、頑張る事、当たり前のことをした中で普段の練習の成果を発揮しなければならない。

それでも「1位争い」がかかった2試合目では動きは変わった。夏の勢いが少し戻った感じ。
今日に関しては2.3年生で勝ち切ったイメージなので、次は3年生だけでも勝ち切れる様に育成していきたい。

結果としてリーグ戦は全体の1位となり、初の優勝。
力はつけてきているので練習から自信を持って取り組んで行きましょう。


[5年生]
vs湯島 0-0 
vsトラスト 5-0

JA大会の敗戦から気持ちを新たに臨ませたかったが、一戦目はまだ引きずっている感じでスコアレスドローとなってしまう。
休憩中にリーダーからの「声掛け」があり2戦目へ。
まだうまくいかない部分も多いが、選手たちは少し気持ちが晴れたのか元気が出てきた。
まずは思い切り楽しんでみんなで戦いに行く。
その中で少しずつでも前に進んでいくことが大切であると感じた。
敗戦の悔しさを忘れてはいけないが、気持ちをしっかりと新たにして、再スタートの気持ちでやっていってほしい。

中澤コーチ
  1. 2013/10/26(土) 01:05:16|
  2. ⑦ スクール対象 (区民大会情報等)

U-13CY選手権

2013年10月14日(月・祝)
U-13CY選手権 vsサルヴァトーレ 0-6 (大井第2G)

U-13クラブユース 第5戦。

リーグ1位の強豪。DFの時間帯が長くなることは想定内。ボランチを含むDF6枚で守りを固め、前線の4枚で手数を少なくカウンターを狙い勝負に臨む。

立ち上がりこそソレイユに勢いが感じられたが、相手の俊足FW一人に失点を喫してしまった。良い立ち上がりだっただけに嫌な失点だった。その後、センター線の前後の動きが後手になり、最後のシュートブロックで防ぐことが多くなってしまった。またサイドに散らされると徐々に吊られてしまい、広い視野で全体を見ることが難しくなった。両サイドも徐々ににボールウォッチャーになりがちで、裏への意識が薄くなってしまった点は徹底した修正が必要だ。
それでも大きく崩される事が無かったのは成長している所だと思う。
しかし何とか防げていたのだがCKの対応がまずかった。
マークの付き方が甘く、個々の確認が明確で無い為かセットプレー(CK)での3失点は大問題!!
問題点を再検証し、意識付けから修正して行かなければならない。(根気とガマンですね。)


後半、ポジションを変えセンター線の動き方、視野の確保が良い状態になるとボランチでボールを収めることが出来たので、前線にボールを当てる回数も増えてきた。
2回3回と有効的なパスが繋がればトップが抜け出し、GKとの1対1の場面も作れていたので、実戦における全体のパスコントロールの質を上げていければ良い攻撃にも繋がる事が確認出来た。
結果としてはセットプレーと個の能力にやられてしまった感か強いが、全体的にはまだまだ「実戦におけるパスコンやポジショニングに課題が多い。
チームの共通意識や方向性は見えてきている(ミスは多いが…)ので、フレッシュCUPに向けて更に修正、強化して行きたい。

リーダー

  1. 2013/10/26(土) 00:58:08|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

正念場(5年JA)

平成25年10月12日(土)午後
新宿戸山公園G
2回戦(シードにより)
vs 油面SC 0-1

5年JAカップ。

昨年の「4年中央大会」メンバーからセンター線の主力が3人抜けて、再建をしてきたチーム。
普段とは異なるフォーメーションを組み試合に臨む。
相手に関しては蹴ってくる、その中でカウンター一発を狙ってきている。
対応がしっかりできてれば特に怖くはなかったが、むしろ危ないと思ったのは自分たちのミス。
蹴れない、収められない、競れない、それでいて走れないではサッカーにならない。
結果カウンターを決められ0-1での敗戦になる。

基本的な技術がまだまだな点があり改善していかなければいけないが、試合後のリーダーとの話の中で
「たぶん勝てるだろう」と思って試合をしていたという選手が多かった…

はっきり言って「絶対に勝てる試合なんてない!!」
「絶対に勝つんだ」という意識、戦うメンタリティを強く持って臨まなければならないという事を考えてほしい。

また、普段の練習に本気(全力)で取り組んでいなかったという選手もいた。
常に試合を考えた中で練習に取り組んでいなければ本番でできるわけがない。
メンタル的な部分と、日頃の意識がここにきて出てしまったのだと思う。
(楽な取り組みや、手抜きが必ず試合で明らかになってしまうという事だ)

1年間過ごしてきて、このたった1試合で5年生の公式戦は全て終了…

次は6年生なってからの全日本。まだ半年もある。コーチはマイナスからのスタートだが絶対に立て直す。

しかし、まずは選手の意識を変えていかなければならない。
受験もある中「諦めてしまうのか」「現実から回避してしまうのか」「絶対に去年以上の栄冠を奪回したいのか」
何よりも、このままで終われるのか? 正に真価が問われる「正念場」と言えよう。

誰一人にも、欠けてほしくない。全選手の奮起を期待したい。

マセコーチ・リーダー

  1. 2013/10/14(月) 02:23:32|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

2013バーモント7B準優勝

2013バーモント7B準優勝
2013バーモント7B準優勝

平成25年10月12日(土)午前
新宿戸山公園G
決勝リーグ
vs 大岡山FC 2-0
vs FC トリプレッタ 2-2
vs 五本木FC 0-1
(1勝1敗1分け 勝ち点4 得失点差+1)

バーモントカップ決勝リーグ。
7ブロックの予選も最後となり4チーム中上位3チームが都大会に進出することができる。

初戦・大岡山戦。
開始からのプレスを徹底したことがうまくはまり攻撃への切り替えが早く行えた。シュートで攻撃を終えることができていたので半端なプレーはあまりなかった。早い段階で得点もでき落ち着いてプレーできていたし相手のキーマンにもファウルすることもあったが深く当たることでほぼ仕事をさせなかった。

2戦目・トリプレッタ戦。
2勝すれば都大会出場が決定するので連勝したいところであったがカウンターから2対1の状況を作られ先制される。相手が崩そうとしてくるのでボールを奪う回数も多かったしシュートチャンスは相手よりも多かったが決定機で単調になってしまったり、力んでしまい決めきれない。同点に持ち込むが勝ちきれずに引き分け。

第3戦・五本木戦。
2試合目で勝ちきれなかったので最終戦の結果次第になってしまう。(2戦メンバー、3戦温存メンバーのプランが崩れる。)
プランが崩れ、上位3位以内という条件で得失点差が関係してくるので、先制点を奪われたのは痛かった。追う展開では、容易に選手交代が出来ず、全選手を活かせなかった。(出場出来なかった選手には能力より展開によるものと前向きにとらえてもらいたい。)

相手は連動しながら崩してくるチームではないが、カウンターの攻撃には勢いがあり簡単にはボールを奪いきれない。また、ソレイユは先制してから交代していく展開に持ち込みたかったが、先に失点してしまい追い付こうと焦りも出てしまった。流れ的にも個人プレーが目立ち始めた。後半も十分に時間もチャンスもあったが決めきれずに0-1で負け。

結果、勝ち点4で終えるが得失点の差で2位となり辛くも都大会進出が決定する。勝ち負けは別にしても「勝ちたい」「上の大会に行きたい」という気持ちを前面に出してくれたことが一番の収穫だったと思う。

ただ今回の3試合では、他チームより技術的なもので劣っていた訳では無いのに厳しい試合になってしまった。
やはりその場の判断力や決定力で展開が大きく変わってしまうのが、時間の短いフットサルという競技の競技性である。状況に応じて正確な判断をし、決定力を上げて且つ、全選手の力を上手く使い切れなければ、都大会では勝ち残れない。11月に本戦が始まるまで、個人の技術は当然たが、チームプレー、チーム力を少しでも向上させていければと思う。

何はともあれ準優勝。「都大会ではSOLEILらしさ」を存分に発揮し、上位進出を目指したい。

マセコーチ・リーダー


  1. 2013/10/14(月) 01:14:13|
  2. ⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出)

U-13CY選手権

2013年10月6日(日)
U-13CY選手権 vs成城中 5-2 (清瀬内山G)

U-13クラブユース 第4戦。

昨日から中盤(ボランチ)のポジションを入れ替えて試合に臨む。
起点になる中央にボールを集め展開するだけではなく、バイタルエリア付近でボールを持たせることができるかが勝負所であった。

ダブルボランチはポール保持をした後、確実に繋ぐことを意識させ、オフェンシブにはトップの楔を「有効的に使う!」を意識させたが、結果的にはイメージ通りには行けなかった。むしろ昨晩の疲れが残っていたのか?得点を意識し過ぎたのか? 攻撃側は単調すぎた。
うまくいく時は2回、3回とパスが繋がり高い位置でプレーできていた。逆にこねてしまうとカウンターを受けてしまい良い形にならなかった。強引にならずもっと味方を使う意識を全体が持つ、オフボール時にパスコースを作る動きを心掛けていたら、もっと楽な展開になったであろう。

逆に後半は「いつも通り」プラス素早い動き出し、積極的な仕掛けを意識させた。
前線の覚醒は明らかだった。
後半の4得点はアキの1得点3アシスト、ナオキのハット(前半1G)、イクミのゴール。

裏への抜け出しの意識が高くGKと1対1の状況まで作ることができていた。オフサイドになるくらいでいいから飛び出していこうといっていたのでうまくはまった感じであった。

攻撃に時間を使う分攻守の切り替えが大事になってくるが全体の意識がまだまだ薄い。カウンターを受けた場合など、どこにカバーリングに入ればいいか理解できていないところもあるので練習時に修正して行きたいが、試合の中で選手同士コーチングし合わなければやはり失点につながるという事は理解してもらいたい。

今回の試合では5得点取れたが得点した後すぐに失点してしまった。一つ流れが切れた後のプレーでやられているので次の試合ではそのようなことがないように意識させていきたい。

マセコーチ
  1. 2013/10/09(水) 02:46:35|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

文京区「低学年フットサルリーグ」

2013年10月6日(日)
目白台運動公園(フットサルコート)

ソレイユA(幼児)
vs トラスト 5-2
vsソレイユB 4-0
vsラスカル  8-1

ソレイユB(幼児)
vs ラスカル  0-5 
vs ソレイユA  0-4
vs トラスト  1-0

SFC選手に当日欠席者が多数出た為、初戦は両チームとも4人でスタート。
SS選手は4人でもあまり変わらない。キイチとオンリが良いPlayをしてくれていて、前回よりも相手をかわすタッチが良くなってきている。他の選手もしっかりとボールに絡む、積極的にいく姿勢が出て来ている。
味方を邪魔してしまうときもあるが、経験を積んでさらに楽しみながら育っていってほしい。


ソレイユA(1年生)
vsラスカル  17-0
vs湯島    6-1
vsトラスト  6-0

ソレイユB(1年生)
vs金富    3-0
vsラスカル  2-4
vsドランチ  0-8

レミ、ユウヤ、タツ、ハルトに関しては個人レベルでは相手にならない。
一人で突破できてしまうし、ボールをカットされても他の選手がすぐにカバーしてしまう。
その中で少し味方を使う(点をとらせる)意識を持たせながらやらせたが、その中でも点を重ねていける。
全体的に見ても相手をしっかりとかわす意識、練習で行っているタッチを使える様になってきているので、さらにレベルアップさせていきたい。


ソレイユA(2年生)
vsブリッジョA  10-0
vs金富A   17-0
vsドランチ 4-1

ソレイユB(2年生)
vs湯島    4-1
vsトラストB 9-2
vs金富    1-4  

学校行事の延期等で何人か選手が来られなくなってしまった為、当初予定していたチームを当日振り分け直して試合に臨む(見学で残っていたレミ(1年)も助っ人として参加)
2年生は個人での突破だけでなく上手く空いている選手、スペースを使える様になってきた。
またAチームでは最終戦で先制点をとられまた慌ててしまい、ズルズルいってしまうかとも思ったが、選手たちは落ち着いて逆転してくれ成長を見せてくれた。
Bチームも1年生の活躍もあったがしっかりと戦えるようになってきた。最終戦で負けてしまい悔し涙を流す選手もいたが、その悔しさを大事に今後に向けて頑張ってほしい。

[総評]中澤コーチ


  1. 2013/10/09(水) 02:22:11|
  2. ⑦ スクール対象 (区民大会情報等)

U-13CY選手権

2013年10月5日(土)
U-13CY選手権 vs調布FC 0-4 (大井第2G)

U-13クラブユース 第3戦。

開始からFW、ボランチの動きがあまり機能せずにボールの収まりが悪い。

選手同士の距離感を短く保てている時は連動ができていて細かいパスもつながる場面はあったが、それ以上にオフボールの際に動きが止まってしまい、ポジショニングが悪い時間帯の方が多かった。せっかくコースを限定しても逆サイドの選手がサボってしまえば何の意味もなくなってしまう。そのカバーを前線の選手が行う為、攻撃への押上げが遅くなってしまい攻め込まれる悪循環。

また、奪ってからのボールをもっと丁寧に動かしたい。相手のプレスに慌ててしまい適当なトーキックであったり苦し紛れのアウトサイドパスで浮かせてしまうことがまだまだ目立つ。正確なコントロール、パス、判断をもっと徹底していかなければいけない。

後半はハードワークが利いていて、収まりも良くなってきたが「ゴールのイメージ」が共有出来ていないと感じた。勝負所、展開する判断、1Playの後、その辺りは実戦で出来ないのが、もどかしい。単調な攻撃ほど「相手は守備し易い」では、どうする? 工夫する為のコミュニケーションも重要だ。
その中でもヨウ→アキからのシュートであったり、サイドでの2列目からの抜け出し、FWにGKと1対1で勝負させるパスを出すことはできていた。それを選手一人一人が意識し実際のPlayに繋げていくTryが、今後の試合で必要になってくる思う。

結果は0-4での敗戦となり3次リーグ進出が難しい状態ではあるが2次リーグ残り2試合。まずは勝利で活路を見出したい。

マセコーチ(リーダー加筆)


  1. 2013/10/09(水) 01:53:07|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

プロフィール

ソレイユ・リーダー

Author:ソレイユ・リーダー
SOLEIL「最新情報」をチェック!!

カテゴリ

① Topics (50)
② 緊急連絡(当日のみ) (0)
③ 小学生の予定 (0)
④ 中学生の予定 (1)
⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出) (177)
⑥ SOLEIL FC (Jr youth) (200)
⑦ スクール対象 (区民大会情報等) (93)
⑧ SFC目白予定 (幼児フットサル) (2)
⑨ 合宿情報 (様子や行程) (403)
⑩ SOLEIL ALL (挨拶・お知らせ) (25)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR