SOLEIL Special Kids!

ソレイユ「最新情報」PC版サイトでの閲覧お薦めです

U-13CY選手権

vsFC渋谷
2013年9月29日(日)
U-13CY選手権 vsFC渋谷 1-1 (上智大学G)

U-13クラブユース 第2戦。

相手はグループの中でも強豪のFC渋谷。
一人一人がボールコントロールがしっかりしていて、全体がポールに絡んで攻めて来る形かハッキリしていた。
1対1では切り返しで簡単に振り切られてしまう場面もあった。オフボールの動きも良くなく、逆サイドの選手のカバーリングが遅れてしまい中央のスペースを突かれてしまう。
セカンドボールを拾うことができてもパスの精度が悪くほとんど繋ぐこともできない。前半はほとんど、攻め込むことが出来なかった。

1対1の勝負を無理に続ける必要は無い。要はどこで取るか? その為には常に数的優位を作る意識、カバーの距離の調整を心掛けて、相手に簡単にやらせない工夫が必要なのです。
おのずとポール保持の時間も増えて、余裕が出てくればポールも回る様になるし、攻撃のバリエーションも増えてきます。ポールの収め所が良くない選手もいたが、適当にパスをして苦も無く相手に渡してしまうよりは次に繋がるという事もある。まだまだ育成段階といえる選手達にはファーストタッチや正確なキック、ドリブル、適切な判断を重要視して欲しい。

後半はパスカット、1対1の場面で奪いきる回数が増え高い位置でのプレーが増えた。
コースの限定がはっきりできているときは相手に簡単にプレーさていなかったし、奪った後のパスが正確であれば中盤の選手が上手く収めてバイタルエリアで勝負できる状態まで持っていくことが出来る。
あとはフィニッシュまでのイメージを全体が共有できるかが課題だと思う。
ラスト1分、攻め込んでいる中でルーズボールをミライが振り抜き土壇場で同点に追いつき1-1で試合終了。
全体の共有とは行かないまでも、良い得点だったしミライが安定していた分、全体にも波及していたので、相乗効果が出ていた。

後半は良く戦えていたが、個人のスキルと全体の意識は相手に学ぶものが多かったし、公式戦の中で、とても良い経験になった。ボールを収める技術、ボールを繋ぐ技術等々、まだまだ足りないし、チーム内の個人差もかなりある。基本的な部分をもっと徹底していきたい。

マセコーチ(リーダー加筆)

  1. 2013/09/29(日) 17:44:08|
  2. ⑥ SOLEIL FC (Jr youth)

プロフィール

ソレイユ・リーダー

Author:ソレイユ・リーダー
SOLEIL「最新情報」をチェック!!

カテゴリ

① Topics (63)
② 緊急連絡(当日のみ) (0)
③ 小学生の予定 (0)
④ 中学生の予定 (1)
⑤ SOLEIL FC Jr (小学生選出) (281)
⑥ SOLEIL FC (Jr youth) (350)
⑦ スクール対象 (区民大会情報等) (123)
⑧ SFC目白予定 (幼児フットサル) (2)
⑨ 合宿情報 (様子や行程) (541)
⑩ SOLEIL ALL (挨拶・お知らせ) (30)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR